« FileMaker Pro で Wordファイルを読み込む その4 JACOBを使ってみる | トップページ | 本の注文 »

2012年11月19日

フィット(GE6)にキーレス連動ドアミラー格納装置の取り付け

無くても困りはしないのですが,「あれば便利」ということで,ドアのロックに連動して自動的にドアミラーを格納する装置を取り付けました。

取り付けたのはこちら…

で,実際の商品はこんな感じです。大きさは,2cm×3.4cmで,どこにでも設置できそうな大きさです。
CA390258

あとはエレクトロタップなどで配線してやればよいのですが,後から取り外しやすいようにネットオークションでカプラを二つ落札して利用することにしました。

参考にしたのはこちらの情報です。

まずはバッテリーのマイナス端子を外しておきましょう。

その後,ミラースイッチのカプラをヒューズボックスの蓋を外したところから上に手を突っ込んで外します。メーターフードを外さなくても大丈夫です。カプラのロックを確実に押さえてやればそれほど力をかけなくても抜けます。
出てきたカプラの配線を2本(黄色と灰色)を切断して,ギボシを付けます。ギボシを付けなくても良いのですが,まぁ,元に戻しやすいようにということで今回は付けておきました。ただ,むき出しになっている配線が短いので結構苦労しました。

ギボシを付けて,装置と結線完了。

CA390268

あとは電源オプションカプラ,およびドアロック信号取り出しカプラからの配線を接続して終了。

バッテリーのマイナス端子を外していましたが,ラジオ(純正)の周波数メモリなどは消えていませんでした。ただメーターの平均燃費は0に戻っていました。ちなみにCCD-sanに載せられている情報によると,バッテリー交換時にはアイドリング学習,パワーウインドのリセット学習などは必要ないとのこと。今回は特に何もせず終了としました。

|

« FileMaker Pro で Wordファイルを読み込む その4 JACOBを使ってみる | トップページ | 本の注文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90513/56146239

この記事へのトラックバック一覧です: フィット(GE6)にキーレス連動ドアミラー格納装置の取り付け:

« FileMaker Pro で Wordファイルを読み込む その4 JACOBを使ってみる | トップページ | 本の注文 »