« Office2013にしたらAccessからWord文書を編集するVBAでエラーが出た | トップページ | アタッシェケース for iPhoneのアップデート »

2013年10月13日

知子の情報をWindows7で使いたい

テグレット技術開発という会社が作っている「知子の情報」というソフトがあります。通常のテキスト文書をデータベース化するというソフトです。

「知子の情報Pro/Mail」というのは現在も販売中なのですが,私が使っていたのはVer.8でした。

パソコンの性能が上がった今ではテキストファイルとデスクトップ検索があれば同じことができるのですが,パソコンの性能が低かった昔は重宝したソフトで,結構,いろいろなデータを放り込んで使っていました。

DOS版の知子をHPのHP200LXにも入れて使っていました。

WindowsXPまでは「知子の情報 Ver.8」でもまだ動作していたのですが,Windows7に変えてからは動作しなくなってしまいました。いろいろと試してみたものの,途中で固まるという現象を回避できず,まぁ諦めていたのですが…。

最近,どうしても「知子の情報」に入れていたデータを参照する必要が生じ,必要に迫られてJava版を作成しました。

「知子もどき Ver0.20」です。

tomokomodoki

ダウンロードはこちらからどうぞ。tomokomodoki020.zip

■主な機能は以下の通りです。

  • 知子の情報 Ver8の知子ファイルの閲覧と編集
  • 知子の情報 Ver8の知子ファイルをテキストファイルに変換する

※扱えるファイルは「知子の情報 Ver8」までの知子ファイルです。
    「知子の情報 Pro」のファイルは扱えません。

■動作環境
  Java Runtime Environment SE6 以上が必要です。

■インストール
  ダウンロードしたファイルを解凍してください。
  以下のファイルが解凍されます。
    ★tomokomodoki.exe
    ★libフォルダ
    ★Readme.txt
    ★History.txt
  これらのファイルをまとめて適当なフォルダに置いてください。

■アンインストール
  インストール先のファイルをすべて削除してください。

■実行方法
  インストールしたフォルダのtomokomodoki.exeを起動してください。

バグレポートなどはこちらのブログのコメントにでも書いていただけると助かります。

|

« Office2013にしたらAccessからWord文書を編集するVBAでエラーが出た | トップページ | アタッシェケース for iPhoneのアップデート »

コメント

 「知子の情報」は、Winows7 で32ビットでも64ビットでも、全く問題なく動作します。実行ファイルを右クリックして、互換性をXPに設定すれば、動作します。
 ドラッグの機能を使い場合は、コントロールパネル→ユーザーアカウント→コンピューターに対する変更の通知は全く受け取らない に設定することで使用できます。

投稿: 藤田稔 | 2014年5月13日 10:05

コメント,ありがとうございます。
XP互換に設定するというのはやってみたのですが,どうやっても途中で固まって反応しなくなるんですね。一緒に使っているソフトやらドライバやらが原因なのかなとは思うのですが,そちらの環境を変えることもできない事情があるので,まぁ自分で困らない程度にViewerを作ってみたというところです。

投稿: まるうお | 2014年5月24日 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90513/58375611

この記事へのトラックバック一覧です: 知子の情報をWindows7で使いたい:

« Office2013にしたらAccessからWord文書を編集するVBAでエラーが出た | トップページ | アタッシェケース for iPhoneのアップデート »